月と性欲

おとなからこともまで

はずかしメルヘン

エスカレーターの降り口に、新品未開封の味のりが落ちているという珍百景に目も心も奪われてしまった私は、思わず足も止めてしまっていたようで岩のようなサラリーマンとぶつかった。多分、私を成仏させようと国から派遣された上級成仏師が味のりトラップを仕掛けたに違いありません。岩サラリーマンごめんなさい。

 

会社の人に味のりの話をしましたが、誰も信じないどころか私をホラフキン扱いしてきます。GoPro導入も視野に入れないと行けません。調べてみると結構なお値段。これを買うくらいならライカのゾフォートを買います。色はオレンジが良いですね。そんな時「にゃー」と猫の鳴き声が聞こえてきました。あまりにもオフィスに似つかわしくない聖のノイズだったので、思考が瞬断されます。ですが、猫の姿など何処にも見「にゃー」

やっぱり猫じゃないか!!私は隣にいた先輩に、今の猫の鳴き声聞こえました?と問いかけます。先輩は、はにかみながら「ごめん。俺の腹の音……」と言いました。あまりに想定外。私は「メルヘンですね……」と返すことしか出来ませんでした。猫は住処に帰り、隣にいるのは腹ペコの先輩だけなのです。もしかして私が難聴なんですかね?その瞬間は、先輩を辱めてしまった謎の後悔がありましたが、良く考えたらお腹に猫を飼っている先輩が悪いので、私は無罪です。今さらだけど笑えてきます。

ふと、外から猫の鳴き声が聞こえたような気がしましたが、おそらく終電の音でしょうね。私は難聴なんでしょうし…。